IMG_7292

はいというわけでお久しぶりです!!


いやーもう前作から3ヶ月も経っちゃって。
気がついたらもう平成も終わりですって!びっくりしたわ。
今まで何してたねんっつーと作業環境をガラッと改善しちゃったりして。
作業スペースは約2倍に、塗装ブースはチョー強力なネロブースに。
ついでに集塵機能も自分でつけちゃったり、作業中用の撮影ブース作ったり、もちろん積みプラのスペースも増やしたりやりたい放題やってたらこんなに経ってました。
模型の作り方忘れてまうわ。


てわけで久々の新作は去年塗装前まで仕上げておいたものをリハビリがてら塗ってみましたよ。
というわけで行ってみましょい。


 

 

 FullSizeRender

キットはこちら!
イタレリのEF-111Aですね。あーんまり見かけないキットではありますな。
イタレリ箱ですが中身はESCIだそうです。稀によくあるパテーン。
モールドは凹で、主翼は連動で動かせるタイプ。
やっぱ可変翼はさ〜〜動かして遊びたいよね〜〜〜
ってことであえてハセガワではなくこのキットを買ったんだけど、リトルビット痛い目に合う羽目に…
まぁそれは後ほど。




FullSizeRender
IMG_2380

さてセオリーどおりコックピットから。
コックピットはF-111某を再現しているようですが、EF-111は若干それとは違うのでちょっと手を入れてます。
とはいってもコパイ席の操縦桿をオミットしたり、HUDをつけなかったりするぐらいだけど…
計器パネルはなんだか実機とえらい違ったので、ジャンクデカール集からそれっぽいものを組みわせてます。
ま、閉めたらみえないんだけどね(お約束)
パイロットはおそらくハセガワさん。いつもどーり分離して首やなんやに角度をつけてます。



IMG_2381

さきほど痛い目に遭ったと書きましたが、はいまずこれ。
真正面から見るとほぼ円形断面の実機に対してえらい扁平なのね。
確かにF-111って機首がシャクれてるから扁平なイメージだったけどさ…


FullSizeRender

ってことでできるだけ削り込んでみました。あんまり変わんねえ!
いや実際プラ厚とか考えるとこれくらいが限界。
どーしてもってなったらハセガワの機首でも移植すればいいんじゃないですかね(半ギレ)
側面型は結構似てるだけに残念だわぁ。



IMG_2434

痛い目第2弾はココ。主翼と胴体の段差。
キットはおもくそ段差になってますが、実機ではほどんど段差なくなだらかに繋がってます。



IMG_2433

ってことでココも削り込みましてん。
まぁ…比較的マシにはなったかな…




IMG_2445

第3段!!
境界層排出口(背面2箇所の台形部分)の形状がお前クルァ!!!なので、必殺!3Dプリント!!!



IMG_2444
IMG_2446

したものがこちら。
単純形状なので合いもピッタリ!見た目は5億倍増し!!(目立つとは言っていない)
出来が良いから販売しちゃおうかしらこの部品。ニッチすぎるか。



FullSizeRender

第4段はインテーク!
断面が角ぅい!!
ていうか全体的に断面が四角いですこのキット。
ピンぼけだけど写ってる胴体側面に突き出たカナードみたいなアンテナもひどかった…めっちゃ削った…



IMG_2450
FullSizeRender

キットの愚痴は飽きたので、本日の可動ポイントいきまーす。
まずはインテークの可動〜。
トリプルプラウIとか名前が付いてるみたい。
可変インテークはてっきりコーンが移動してるもんだと思ってたんだけど、実は側壁が移動してたのね。
ベーンの形は似てないし、ダクトも胴体にくっついてたりしてて結構いい加減なので割と手を入れて見れるようにしてます。



IMG_2443

ほんでスタビレーターの可動〜。これはもう定番ですな。
胴体側にはポリキャップのランナーに穴開けたものを接着。
スタビレーター側は真鍮パイプを軸としてくっつけてます。



IMG_2440
IMG_2439

すっげ細かいからやるかどうか迷ったけど、テールスキッド(バンパー?)の可動ね。
脚の出てる状態だとどうやら連動して展開するようなので…
適当に金属線で軸作って裏からはめこんだだけっす。



IMG_2469
これは可動というかなんというか可変翼の機体って、主翼を展開したときに胴体にスリット状の隙間が空くのでそれを塞ぐためのラバー上のカーテンのようなものがあるじゃないですか。
プラじゃ再現できないじゃないですか。
ってことで、マスキングテープで再現できないかなーって。


IMG_3211
やってみたらこんな感じ。作りたては超いい感じだったのよ。
ただ、だんだん開け閉めしてるうちに折り目付いちゃってあんまりきれいに閉じなくなっちゃった。
展開したときにちゃんと塞がるように内側から押すパーツを作るか、もう少し弾力性のあるテープにしたほうが良さそうです。
何事も勉強!失敗は成功のマザー!(泣いてる)



FullSizeRender

可動ネタじゃないけど、放電索とか細かいところもやってますよアピーーーール。
この辺のほっそい金属線はいつものようにギターの弦をつこうてますよ。



FullSizeRender
IMG_2457
IMG_2458
キャノピー開閉させたかったけど、ちょっと薄すぎ&合いがよろしくないのでやめました。
隙間あいちゃうのでプラ板で隙間うめてます。


FullSizeRender

機体が機体なので、吊りものはナシでいいかなーと思ったけど、なんか寂しいので増槽だけ。
どうせ塗る時めんどくさくなるからやめときゃいいのにね。
当然?パイロンと増槽はマグネット+金属線の脱着式で、可変翼なんでパイロン可動式どす(主翼側にポリキャップランナーを埋め込んで差し込み)
加工に関してはこんなもんですかね。



FullSizeRender
塗装は定番の黒立ち上げで全身真っ黒に。


FullSizeRender
機体下面はクレオスのC317 グレー FS36231を。
迷彩はC18 RLM70ブラックグリーンと、クレオス航空自衛隊機洋上迷彩色のディープオーシャンブルー、シャローオーシャンブルー、C40 ジャーマングレーを8:1:1をくらいに混ぜたものの2色を塗り分けます。
塗り分けはひっつきむしを細く伸ばして貼り付けて枠を作ってるんだけどこの方法苦手なのよねぇ…



FullSizeRender
塗り上がるとこんな。
わりかしいい感じなんちゃうちゃう?ちょっとイギリス空軍機っぽいかも。


FullSizeRender
一旦クリアでコートして、デカールを。
日の丸入ると一気に自衛隊機ぽさが増しましたな。ちょっと古い自衛隊っぽさがでてるかしら。
コーションマーク(No stepとか)もできるだけ貼ってみました。
えらくない?黒だからでんでん目立たないけど?


IMG_3232
FullSizeRender
デカールをスムースクリアでコートしてから特に変わったことをするわけでもなく、ウェザリングカラーのブラックで軽くフィルタリング。
なるべくモールド流れてスミ入れ状態にならないように気をつけてます。
スミ入れが激しいと写真に撮ったとき実機っぽくなくなっちゃうからね…
(とはいえ模型としては映えないので悩みどころ)
黒だけじゃなくて退色表現に所々ホワイトもやってますよ。

FullSizeRender
汚し終わったら汚れが落ちないようにかる〜くコートして、迷彩部分を重点的にツヤの差を出していきます。
全体にスムースクリアを吹いてきめ細かいつや消しの所に、ゴリゴリのつや消しを迷彩の縁やワンポイントで吹きます。
ぱっと見は変わらないけど、屋外で撮ると表情が変わって面白いのですのよ。
レドームなんかの部分も実機は普通の塗料と違うのでツヤ感を変えると情報量が増えておすすめ。


IMG_3241
金属部分の塗り込みをしますよ。
F-111はノズル部分が複雑怪奇なのでちょっと面倒…
塗り分けは実機を参照。
ディティールはそれなりだけど…まぁそれっぽいからいっか。


FullSizeRender
アンテナやなんやを塗り分けしてタイヤ等の小物を接着したら完成ドS!!!



IMG_7100
IMG_7130
さぁ平成の屋外での撮影もこれが最後となりました!
とはいえ年号変わってもやることは変わりませんけどね!

IMG_7158
IMG_7168

いやー縦横にスラッとしててかっこいいよねF-111は。
以外にも日の丸が似合ったのは想定外(?)でしたわ。

IMG_7153
IMG_7142
艶の差をつけてるとこうギラッとしたときに効果が出るんですな。
ただ今回はちょっとやり過ぎた感あるなぁ。

IMG_7227
IMG_7203
お腹アングル。
航空祭でダンプ&バーンするF-111が居る世界線に生まれたかった。

IMG_7190
IMG_7161
ぐいっと捻ってるイメージカット。
いやほんと機首周りがセクシーな飛行機ですよなぁ。


IMG_7240
IMG_7245
IMG_7265
最近お約束(?)となりつつある洋上風に。
海軍機じゃないけど、洋上迷彩だし実運用は海洋SEADっていう設定なので…


IMG_7261
IMG_7300
IMG_7302
設定といえば今回はなんちゃって設定集のモシモノヒコウタイも更新しました。
GWが10日もあって暇でしょうがねーなって方は

↑からどうぞ。
ちなみに私は4日しかありません(白目)


IMG_7335
IMG_7324
IMG_7366
IMG_7377
駐機状態も一応ね。
縦横に長い上に低いせいで撮りにくいのなんのって…

IMG_7062
IMG_7066
IMG_7075
IMG_7074
ほんで、この子は5月3日より新橋のタミヤファクトリーで行われるモデラーズコンテストに出すことにしました。
性懲りもないですねほんと。
いや、たまたまイタレリ製品だったのと時期がちょうどよかったのでね…
今度はコンテスト用にゴリゴリ頑張ってないんで冷やかしです。冷やかし(やめろ)

IMG_7083
IMG_7082
IMG_7081
今回の差し替えーズ。
兵装がない事もあって地味ですね。
ちなみにギアドアはキットのパーツをレジンで複製してます。


IMG_7085
IMG_7084
IMG_7079
IMG_7077


ってーことで、これが平成時代の最後の作品となりました!
上でも言ってますが、まぁ令和になってもやることは何一つ変わる予定はないのでww
新しい年号になってもどうぞよろしくおねがいしますということで。

さて、次回作は何でしょうね。何にしようかな?
この記事を書いてる現段階では全くのノープラン!
この時間が一番楽しかったりするんですよね、プラモって。なんて変な趣味なんでしょうか。
ってことで、数少ないGWは模型三昧になる予定?なので次回作は意外と近いかも?
とか言ってると平気でまた数ヶ月開くのが本ブログなので。
次回は新しい時代で会いましょう!(大袈裟)



じゃ!!

IMG_7317